人材不足解消 労働時間軽減 介護施設にペッパー

実際に触れて体験しよう! 労働時間軽減 介護施設にペッパー

福祉車両カーリースなビは、大手福祉車両リース会社を一覧で比較・お問い合わせできるサービスです。

掲載企業
  • 日立キャピタルオートリース株式会社
  • 株式会社イチネン
  • 芙蓉オートリース株式会社

福祉車両カーリースのメリット 購入と比べてこんなメリットがあります!

  • 維持・管理をアウトソーシングできる!さまざまな手続きに加え、車両の整備・管理もお任せ!
  • 万が一の事故や故障対応が万全!もし事故や故障が発生しても、ロードサービスや台車サービスがあるので安心!
  • 財務メリットで資金計画が容易!導入の際、多額の資金調達は不要。月額リース料は定額なので資金計画が用意!
早速、福祉車両リース会社を比較してみましょう! 【無料】サービスを一覧比較&資料請求

カーリースによる福祉車両導入のメリット

Photo11 「福祉車両」は介護・福祉事業者様が、利用者様をデイサービスや施設への送迎に利用する車を言います。利用者様にとって、自宅からデイサービス等へ通える大切な移動手段です。最近では、ご家族の病院の送迎などに利用されているご家庭も多く見受けられます。

介護・福祉事業者様が「福祉車両」を導入するにあたり、選択肢として購入(現金、ローン)と、もう一つに「カーリース(オートリース)」による導入が考えられます。

カーリースは下記の2種類がございます。
「ファイナンスリース」…車両代・税金など税務・経理面のみ。
「メンテナンスリース」…車両代・税金など税務・経理面+メンテナンス・維持・車両管理など。

そこで、福祉車両の「カーリース」による導入は、「購入」と違いどのようなメリットがあるのでしょうか。

Photo4 カーリースは、毎月の一定の利用料の支払いで福祉車両を利用することができます。
新車で導入する場合、複数台の購入はある程度のまとまった金額が必要となります。仮に1台300万を4台購入すると1,200万円です。事業者にとって様々な経費がかかっている上、施設の新規開設を検討されている場合は、1,200万という多額な金額の準備は大変なことです。

しかし、カーリースの場合は、そのような多額のまとまった資金調達は必要とせず、月額の一定の利用料で利用できる点になります。その分、他の運転資金に回すことが可能となります。また、毎月一定の利用料ですので車両コストの把握が簡単な事が上げられ、将来的な事業計画なども立てやすくなります。

また、購入した場合は、様々な車両維持・管理作業が発生します。しかし、メンテナンスリースを導入した場合は、カーリース会社が代行することにより、事業者様の業務負担は大幅に減り、そこにかかるコストの削減が可能になります。

Photo17 介護・福祉事業者にとって利用者を送迎する福祉車両は、でこぼこしているよりは、キレイな方が印象が良いものです。メンテナンスリースであれば、日々の送迎業務に支障をきたさずに、カーリース会社へ代車を依頼したり、修理を依頼することが可能です。

なお、カーリースの導入には与信審査があります。リース申込後、与信審査があり、それをクリアして、ご契約という流れが一般的です。与信に関しては、カーリース導入の際に各会社に聞いてみることが大事です。

Photo6 このように福祉車両の「カーリース」による導入は、車両所持や運行・維持に発生する業務負担やコストを削減できるメリットがあります。

時代の流れとして、今後も福祉車両のニーズは高まるものと予想されます。介護・福祉事業者様において、福祉車両のカーリースでの導入の際に、「福祉車両カーリースナビ」が少しでもお役に立てれば幸いです。 【無料】サービスを一覧比較&資料請求