カーリースのメリット

カーリースを利用する具体的なメリットとしては、以下が挙げられます。

1、財務・会計上のメリット

現金一括購入の場合はまとまった資金が必要になりますが、カーリースで導入した場合、福祉車両は月額リース料金で利用でき、資金の有効活用ができます。
また、リース料金は会計では当期に全額損金に算入できるため、一括購入した場合の減価償却を行う必要がないという会計上のメリットもあります。


2、車両管理業務のアウトソーシングのメリット

福祉車両を購入した場合は、車両の購入、税金・保険の支払い、車検・法定点検・修理などの工場への手配など、車両管理業務はやるべきことが多くありますが、カーリースを利用した場合は、そのような車両管理業務もカーリース会社が代行することになります。煩雑な業務をアウトソーシングする事で、介護事業者様が本来取り組むべき介護業務に力を入れることができ、経営の合理化、人材の有効活用を可能にします。


3、安心・安全のメリット

例えば福祉車両が故障してデイサービスへの送迎が難しいといった場合も、カーリースを利用していれば、すぐに代車を利用することができます。福祉車両は安心・安全が第一です。カーリース会社は、訪問点検などを通じて福祉車両がしっかりとした状態で走れるよう維持・管理に努めます。


4、車両コストの明確化のメリット

カーリースを利用した場合は、車両にかかるコストは月額のリース料です。月によって変動する事が無いため車両コストの把握が簡単です。また車両コストを把握できる事により、経営計画が立てやすくなります。
福祉車両をカーリースで導入するメリットは他にもいくつか挙げられると思います。購入かカーリースか、違いをしっかりとカーリース会社に確認し導入を決めていきましょう。



【無料】サービスを一覧比較&資料請求

福祉車両カーリースナビ 掲載カーリース一覧