福祉車両の種類

車椅子に乗ったままの利用者でも、安全にスムーズに乗車できるよう、乗降機能の違いなどにより福祉車両は様々なタイプがあります。主な車両タイプは以下をご参照ください。
福祉車両導入の際には、各リース会社の担当の方やディーラーの方と、どのようなタイプの車両が適しているか相談しましょう。



スローパータイプ


Photo17車両のリア側(後背部)に折りたたんだスロープが格納されており、車椅子での車両乗降時にスロープを写真のように展開します。利用者は車椅子に乗ったまま、介助者のサポートにより、スムーズな乗り降りができます。



リフトアップタイプ


photoリア側に昇降できるリフトが格納されており、車椅子での車両乗降時にリフトを乗降します。車椅子に乗ったままボタン一つのリモコン操作で、乗り降りができます。



回転シートタイプ


主に助手席や2列目のシートが回転するタイプです。車の外に回転した椅子が出てきます。また、乗り降りしやすいように、出てきた椅子が昇降できるタイプ(スライドアップシート)もあります。



【無料】サービスを一覧比較&資料請求

福祉車両カーリースナビ 掲載カーリース一覧